過払い金返金で借金が0円に!

過払い金が発生している可能性がある人とは

過払い金の返金を請求したら、消費者金融やカード会社に利息を支払い過ぎた場合に返金して貰えるかもしれないお金の事です。金融会社はお金を貸し付けて、返して貰う時には利息がついて利益を得ています。ただ金利については利息制限法によって決められているのです。 多くの貸金業者やカード会社は法律よりも高い利息でお金を貸していました。貸金業者は出資法と利息制限法を間もおらなければなりません。しかし出資法と利息制限法は利息の上限が異なっていました。そして、貸金業者は上限が高い方の上限金利で利息を取っていたのです。しかし法律が変化した事によって、貸金業者は取り過ぎた利息を返さなければならなくなりました。そして過払い金が発生している可能性が高い人がいます。それは2010年前に、消費者金融、あるいはクレジットカードのキャッシングを利用してお金を借りた事がある方は払い過ぎている可能性がありますので、チェックすると良いでしょう。

過払い金請求で抑えておきたいポイント

過払い金についてですが、どのような理由や原因の借金であっても返還して貰えます。そして業者から悪質な嫌がらせを受けるのではないかと感じる方もいるかもしれません。しかし過払い金請求いついては、法によってきちんと認められている手続きなので嫌がらせを受ける事はないでしょう。返済をしている場合には督促なども止まります。他にも過払い金請求をした場合、お金を借りた事が家族等、自分の周囲の人に知られてしまうと不安がっている方も居るかもしれません。これも心配はありません。封書等を見られてバレル可能性はあります。ただ法律家に依頼をする事で誰にも知られずに過払い金を支払って貰う事が出来るのです。 そして就職や進学等、他にもブラックリストという信用情報にも載るのではないかと考える方も居るでしょう。しかし、手続きをしたとしても全く影響はありませんので安心出来ます。ただし、過払い金を請求した場合、返還して貰った業者からはお金を借りる事は出来ません。