あなたも過払い金があるかも?今すぐチェック!

過払い金って具体的にはどんなもの?

過払い金とは消費者金融などでお金を借りてそれを返済するときに、支払いすぎている利息のことを指します。 なぜ、過払い金が発生するかというと、これには法律が関わってきます。 お金を借りたときの利息は、民法の利息制限法という法律で定められており、10万円未満なら年間で元金の20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%です。 利息制限法とは別に、刑法の出資法という法律では上限29.2%と定められていました。こちらは刑法なので違反すると罰則が課せられていますが、民法である利息制限法には罰則はありませんでした。このため、多くの消費者金融は出資法の基準で利息を設定していたのです。 よって、利息制限法の上限金利を超える利率のぶんまで返済していたという人は多く、その人たちは返済時に利息を支払い過ぎていることになるのです。 2010年の出資法改正までこうした状態が続き、また、改正後もすでに支払われた利息を業者側から能動的に返還することもほとんどありません。しかし、すでに支払った過払い金は請求すればきちんと返還してもらえます。

ネットで簡単セルフチェック!

出資法の改正が2010年ですから、それ以前に消費者金融などで融資を受けた人は過払い金を支払っている可能性が高いです。 返済を継続している人のなかにも、融資を受けたのが2010年以前でしたら、その頃の利率のままの利息を支払っているというケースは少なくありません。 過払い金を支払っているかどうかは自分で計算することができますが、インターネットを使うと、簡単にセルフチェックができるようになっています。 ネット上には過払い金のチェッカーが置いてあるウェブサイトが複数あり、借入れ日、元金、返済額などを入力すると自動で過払い金の有無と有りの場合の金額を計算してくれます。 これは概算ですので、より詳しい数字を知りたいときはきちんと計算が必要です。自分での計算が難しい場合は、行政書士や司法書士、弁護士、会計士などに相談すると詳しく計算してもらえますし、必要に応じて消費者金融への返還請求の手伝いや代理を行ってもらえます。